×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カラコン乱視

カラーコンタクトの着色直径とは?

カラーコンタクトの着色直径とは?

 

カラコンで良く出てくる用語にDIAがあります。

 

DIAとはコンタクトレンズのサイズをさしていて、つぶさない状態のレンズの大きさを計測したものです。

 

DIAは英吾のDiameterの略で直径という意味です。

 

カラーコンタクトはこのDIAが書かれていることが多いですが、着色直径はあまり説明されていません。

 

実際にはデカ目カラーコンタクトといわれているものではDIAよりも着色直径が重要なポイントです。

 

この着色直径というのは色のついている部分の直径をさしているので、実際に装着したときの瞳の大きさに関係する部分。

 

例えば14.0mmのDIAで着色直径は13.2mmですっていわれたら、もし自分の瞳が12.5mmの直径なら13.2mmの瞳になれるっていうように考えるとわかりやすいでしょう。

 

この直径がデカ目効果を生んでいるので、本来ならばDIAよりも、着色直径を気にして購入するのが良いでしょう。

 

日本人の瞳の平均的な大きさは12.5mmといわれているので、デカ目を生み出すにはそれ以上の直径が必要になりますが、、この着色直径があまり大きすぎると今度は逆に小さく見えてしまうこともあります。

 

これは白目との割合だろうとされているけど、人によって眼自体の大きさが違うわけなので、自分に似合うカラーコンタクトを探すときには、この割合もチェックポイントです

 

いわゆる美人比率は、真正面から見たときの白目と黒目の比率が1:2:1といわれています。

 

自分の美人比率は自分の顔立ちによっても変化するので、自分に一番似合うカラーコンタクトを見つけるには色々と試してみるしか方法はありません。

 

この比率をしっかりと見つけるためにも、色んなカラーコンタクトを試して自分に一番似合うものを探し出しておくと、デイリーではこのカラーコンタクト、オフやちょっとしたパーティではコレ、というように分けて使うことも可能になります。

 

着色直径を少し気にしてカラーコンタクトを購入してみると良いでしょう。

 

バンビーノは、カラコンの種類・品揃えが豊富でコスパも良いです。
きっとあなたにあったカラコンが見つかると思います
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓